読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

びびっと!海外女子旅マニュアル

旅行が趣味なイマドキ女子を目指してる筆者が数々の女子旅や海外旅行の記録を書いていきます!

【予算別】海外旅行先のおすすめとは!

どうもこんにちは、海外旅行が大好きなびびです。

さて今回は日数編・目的編と書いてきたシリーズの最後予算編になります。
海外旅行はお金がかかる・・・と思いがちの方もいますが、きちんと選べばお安くいけることもできちゃいます!
また、女子旅と題してリッチな旅にするのもいいですね。


日数編、目的編はこちらです。
http://vivivi0822.hatenablog.com/entry/2016/09/15/194356vivivi0822.hatenablog.com
http://vivivi0822.hatenablog.com/entry/2016/09/12/180736vivivi0822.hatenablog.com


今回はざっくりと平均いくらかかるといった形でご紹介させていただきます。

ぜひ、旅のご参考にしてください。

5万円以内

どうしても海外旅行に行きたい!けどお金がない!
できるだけ安く済ませたい!
そんな方には安くて楽しめる旅行にしちゃいましょう!

韓国

お隣の国、韓国!
その魅力はLCCなどが普及して航空券が安く手に入っちゃうところです。
1泊や2泊なら3万円台で行くことも可能です!

旅費は安く抑えて、化粧品や洋服などショッピング代にまわしちゃいましょう。

コツは、ツアーでなく自分で航空券・ホテルを取ることです。
ツアーはもちろん安く組まれているものもありますが、自由時間が縛られちゃいますよね。
ダイナミックツアーが予約できる旅行サイト等参考にしましょう!

どの旅行サイトを選んで良いかわからない・・・という方に近日比較記事を書きますね!

プーケット

タイのリゾート地、プーケット
え?!リゾート地なのに5万円以内で行けるの?と思う方もいるかもしれません。
旅行代が少し落ち着く11月から1月くらいにかけてなら、プランや日にち次第でこのお値段で行けちゃうのです!

また、プーケットは11月から3月くらいにかけて乾季なので旅行で行くにもベストシーズンです!
世界的なリゾートなので比較的治安はいいほうですが、夜繁華街などあまり出歩くのは控えましょう。
またスリやぼったくりも多発しているので危機感はきちんと持って旅行しましょう。


プーケットはこちらの記事でも特集しています。
http://vivivi0822.hatenablog.com/entry/2016/09/11/204925vivivi0822.hatenablog.com
vivivi0822.hatenablog.com

10万円以内

10万円以内であれば、大抵の場所は行くことができます!
場所によっては日数が限られちゃいますが、基本的にこの予算であれば海外旅行はどこでも行けちゃいます。

クアラルンプール

その中でもおすすめしたいのがマレーシアのクアラルンプール!
一時期日本人の移住先として7年連続No.1になったこともありましたね。
東南アジアの中でも治安がいいことと、物価が安いこと、さらに近年著しい発展をしているにも関わらず歴史ある建物と近代的なビルが混在しているなんとも不思議な雰囲気の街が特徴です。

くあらるんプールに行くならホテルもいいのですがレジデンスに宿泊するのもおすすめです。
ジムやスパ、プールなども使えるのにキレイでさらに格安。
ホテルじゃないの?と思わず言っちゃいそうなくらい快適に過ごせます。

最近はクアラルンプール市内にもオシャレなコンドミニアムがたくさんできているので、ぜひ観光にも最適なコンドミニアムで過ごしてみてください!

オーストリア

オーストリアの首都ウィーンは言わずと知れたクラシック音楽が盛んの芸術の街です!
また街並みも綺麗で、宮殿や大聖堂などみどころもたくさんあります。
美術館やアンティーク店を巡るのもいいですね。

物価はあまり日本とは変わらないのですが、時期を選べばヨーロッパも10万円以内でいけます。
ただ、旅行日数はあまり長く滞在できないのであらかじめ行きたい都市や場所を決めておくのがコツです。

世界的にも有名なウィーン国立歌劇場では毎晩様々なオペラが上演されているので、ワインを堪能した後にはオーケストラと歌声に酔いしれてみてはいかがでしょう。


~20万円以内

20万円あればワンランク上の高級ホテルに泊まることも可能です!
少し奮発して極上のホスピタリティと優雅な時間を過ごしませんか?


ハワイ

言わずと知れた極上のリゾート地、ハワイ!
せっかく行くならプライベートビーチがあるホテルに泊まっちゃいましょう。

クラブルームなど、いつもの部屋よりもランクを上げた部屋に泊まればクラブラウンジが使えたり、ホテルからのおもてなしもまたいつもと一味違ったり・・・と嬉しい特典もついてきます。
部屋でワインを飲みながらサンセットをみる・・・なんて素敵すぎますね。

ただハワイは日本でも人気なリゾート地なので、旅行時期によっては航空券や標準ランクホテルで20万円以上かかることもあります。
予算と時期をしっかり相談して決めてくださいね。

バイ

世界一がたくさん集まっている国、アラブ首長国連邦
世界有数の観光国になりつつあるドバイに行ってセレブ気分を味わいましょう。
バイはまだまだ成長を続けています。
2018年までにドバイランドユニバーサル・スタジオドバイランドがオープンしますし、アメリカのアミューズメントパークの中東初進出になるシックスフラッグスドバイランドも完成予定です。

また、宇宙から見える唯一の人工島といわれているパームアイランドにはリゾートホテルや別荘が立ち並んでいてまた違った雰囲気をかもし出しています。


世界一長い無人運転の電車や、世界一の噴水ショーなど、とにかく世界一がたくさんありすぎるビッグスケールなドバイですが、ぜひ奮発して1度は訪れてほしい都市です。
その圧倒的なスケールと、まだまだ成長している街を見るとまさに世界の最先端にいるようです。






いかがでしたでしょう?

日数編・予算編・目的編と続いてきたシリーズも今回で最終回です。
次からはそれぞれの都市に着目して詳しい紹介記事を書きますね!

あなたのたびの参考になれば幸いです。

広告を非表示にする