びびっと!海外女子旅マニュアル

旅行が趣味なイマドキ女子を目指してる筆者が数々の女子旅や海外旅行の記録を書いていきます!

プーケットと合わせて行きたい!ピピ島ツアーレポ☆


プーケットからクルーザーに1時間ほど乗って行けるピピ島
よくプーケットと共にツアーで組まれていますよね。
今回はそのピピ島ツアーの良さをご紹介できればと思います!

ツアーの概要

私たちは現地ホテル、アンサナラグーナプーケット内のツアーコンシェルジュから申し込みしました。
そこで説明されたのが

・オーソドックスなピピ島ツアー 3000B(約9000円)
・ワンランク上のピピ島ツアー  4200B(約12000円)

うむむむ・・・やはりプーケット目玉のツアー。結構します。
そしてこのツアーに含まれているものですが、

ホテルからの送迎、昼食、シュノーケリングピピ島周辺の散策(自由時間)

これをまるっと合わせて通常のツアーです。
ちなみにAM6時半にホテルからピックアップされてホテルの帰ってきたのが16時とかそのへんだったかな?

丸々一日なのでオトク感はありますね!
ちなみに2つのツアーの違いはクルーザーの規模の違いでした。
オーソドックスな方は20名ほど乗りあうのですがワンランク上のは1,2グループだけで乗れるみたいですね。

女子旅!と意気込んできた私たち、お金を使うべきところにはしっかり使おう!と約束していたのですがここは使うべきじゃないと判断し、オーソドックスなツアーを選択。

あとから気づいたのですが日本から申し込んだ場合、このオーソドックスなツアー+スパがついて同じ値段でありましたね~。
女子旅ならスパもついてこの値段なら格安だと思います。

そんなこんなで眠い目をこすりながらホテルの朝食を10分で済ませ、向かいました!


ツアーまでの流れ

ひとまずホテルからピックアップされた私たちは20分ほどかけて船着場まで行きます。
着いたらびっくり、まだ朝の7時台なのにものすごい人・・・!
そりゃそうですね、みんなツアー客だしみんな朝から来てるわけです。

見渡す限り、欧米の方が多く感じました!
中国人をはじめアジア人は時期が時期なのかそこまでいませんでした。

そしてお兄さんに案内されるがままボードに名前書かされて手首にイエローの紐を巻かれます。

周りを見たらピンクだったりブルーだったり巻いてるので、同じ船に乗るグループ分けのようですね!

船着場の建物は綺麗で、もうツアーをするためだけに作られた内装でした。旅行会社ばっかりw


そして「Yellow~~~!」というお兄さんの呼びかけと共にいざ船に!
小型ですがクルーザーに乗っていきます!

ピピアイランド!

クルーザーに乗ると操縦士、カメラマン、ツアーコンダクター合わせて6名ほどのスタッフとわれわれツアー客20名ほどが座ります。
ちょうど船の淵に沿って座るところがある感じですねー!

説明を聞くと、ピピ島はいくつかの小さい島も含めてそう呼ばれているみたいで、ツアーではその島々を周るとのこと。
島にはサルもいるみたいです!


そしてクルーザーで1時間ほどかけていきます!
その間に他のツアー客とカタコトの英語で話したり、写真とってもらったり・・・・
ただ、船内めっちゃ揺れます。もっというと縦揺れはんぱないです。

全速力でクルーザーぶっ放してるわけですから、船がはねるはねる・・・・
イタリア人のおじいちゃんは船の先端の方に座っていたのですが、あまりの揺れに後ろのほうまで逃げてきて、挙句の果てにはトイレに吐きに行ってました・・・・
インド人のお母さんも酔い止めのハーブを吸いながら必死に耐えてたのが印象的でしたね。

幸い縦揺れは私たちはなんとか耐えれたのですが。
あれ1時間っておじいちゃんたちほんとにつらかっただろうに。


そんなこんなで着くのですが、海はほんっとうに綺麗です!!!

f:id:vivivi0822:20160910130020j:plain

こんなエメラルドグリーンの海が広がっているんですよー!
ここでは船を止めてそのままみんな生みに飛び込んでシュノーケリングします。

泳げない人にはライフジャケットも貸し出してくれるので安心です。


このとき船を止めるといっても海のど真ん中でエンジン切るだけなので、次は横揺れがひどい。
さすがに横揺れはものの数秒で吐き気がしてきたので急いで海に飛び込みました!w

海はほんとに綺麗でサカナもたくさんいてすばらしいです。
カメラマンのお兄さんは海底に張り付いて下から撮ってくれたりします!
最後に1200Bほどで写真まとめたDVDの催促されるんですけどね!w


シーモンキーも!

ピピ島の内の小さい島であるバンブーアイランドという島に立ち寄ります。
そこには岩壁におさるさんたちがいるではありませんか!!!
泳ぐのもめっちゃ速いみたいで、みんなこぞって写真を撮ります。


昼過ぎ~帰るまで


お昼時になるときちんと停めて少し大きめの島に!
お昼ごはんも振舞われます。
この日は鳥や豚をすこしスパイシーに炒めたものと野菜炒め、タイ米でした!


シュノーケリングやとにかくはしゃぎすぎておなかがすいていたのでぱくぱくいけちゃいます。

木陰で休んだりビーチで遊んだり、しばし自由時間なのですが、おやつにスイカが~

f:id:vivivi0822:20160910152845j:plain

光の当たり方が変ですが、ハートに切られていてかわいい!

他にもツアー内でちょくちょくパイナップルやビスケットが振舞われ、さらに飲み物は飲み放題でした。
海で飲むコーラはまた格別です。



そんなこんなでまたクルーザーに乗って帰ります。
船酔いに気をつけながら・・・・
その頃には同乗してたほかのツアー客とは仲良しになってますw
最後に集合写真撮ったり、あなたたち日本人?こっちでお寿司流行ってるわよみたいな世間話もされつつツアーは終了です。


これだけたっぷりでさらにおいしいフルーツも頂けてお友達もできるなんて!
大満足なピピ島ツアーでした!





あと余談ですが、カメラマンのお兄さんがイケメンで女子3人きゃいきゃいしてました。
その人は3代目JSBの今市君に似ていました。
タイ人の男性は彫りが深いのでかっこいい方多い気がします。


まあ、その人と最後にいろいろ話してたらフィアンセがいたんですけどね!w

それもまた旅の楽しい思い出です。

関連記事もよろしくおねがいします!
vivivi0822.hatenablog.com
vivivi0822.hatenablog.com
vivivi0822.hatenablog.com
vivivi0822.hatenablog.com

広告を非表示にする