びびっと!海外女子旅マニュアル

旅行が趣味なイマドキ女子を目指してる筆者が数々の女子旅や海外旅行の記録を書いていきます!

バリ島とプーケットどちらがおすすめ?徹底比較!

こんにちは!
今回は旅行に行く際にアジアリゾートに人気地でもあるバリ島とプーケット

どちらがどう違うのかよくわからない・・・という方のために徹底的に比較させていただきます!
ぜひ度のご参考にしてください!


f:id:vivivi0822:20160926162944j:plain



徹底比較!バリ島編

バリ島は、1200もの島を有するインドネシアの人気リゾートです!
現存するたっぷりの自然と美しい海に癒される旅をしましょう!

バリ島って?

バリ島は大阪や東京から約7時間で行くことができます。
最近は直行便も数が多くなってきているので、ますますアクセスがよくなっています。

季節は熱帯なので基本的に暑いのですが、雨季と乾季があり、雨季は11月~3月、乾季は4月~10月になります。

見所は?


バリ島は地域ごとにその特徴が大きく違っています。

クタ・レギャン地区は若者が多く賑やかな街です。
クロボカンやスミニャックは素敵なショップが多く立ち並んでおり、お買い物には最適です。
また、高級リゾートホテルが多く立ち並ぶヌサドゥアや、伝統文化とたっぷりの自然に囲まれたウブドがあります。


いかにもアジアンリゾート!といった雰囲気を楽しみたいなら、ウブドがおすすめです。
自然と人情あふれる地元の人に囲まれながら、ヴィラでゆっくり過ごすことができます。

洗練されたリゾートで楽しみたい方は、ヌサドゥア地区に立ち並ぶホテルを選ぶといいでしょう。この地区にあるホテルはどれも5つ星の最高級ランクのホテルばかり!ヌサドゥア地区の入り口には、警備員もいてセキュリティーもばっちりなので、治安を心配する方にもおすすめです。
ワンランク上の極上のホスピタリティと共にとってもリラックスした時間を過ごすことができますよ。



また、バリの見所として外せないのが、パワースポットです。
バリ島の島民のほとんどがバリヒンズー教徒なので、神様へのお祈りとお供え物は欠かせません。
バリの街を歩くと、どこのお店や家の玄関にも、可愛らしい花などで装飾された神様へのお供え物が置いてあるので、ぜひ見てみてください!


パワースポットの多くはサロンを身に付けて入らなければいけないところもあるので事前によく確認しましょう。

グルメは?

インドネシアに属しているバリなので、やっぱりインドネシア料理が食べたいですよね!インドネシア料理で有名なのは、ナシゴレンやミーゴレンでしょう。


インドネシア語で”ナシ”は「ごはん」のことで、”ミー”は「麺」のことです。”ゴレン”は「揚げる」という意味なので、2つがどういった料理なのかはもう大体想像がつきますね!


また味付けも日本人の口に合いやすく、香辛料をあまり使わずココナッツミルクなどでマイルドに仕上げている料理も数多くあります。
なので、辛いのが食べられない人でも比較的食べやすい料理が多いと思います!

街の雰囲気

バリの街の雰囲気は先ほど紹介した地区ごとに特色があり、少しずつ違っていて歩いているだけでも楽しめます。
私たちが想像するいかにもアジアンリゾート!という雰囲気を持っているのはプーケットよりバリ島でしょう。

また、その地区の中でも特に個性的なのがウブドです。
周りが自然いっぱいで、神聖な場所や空気が澄んでいることから、山のリゾートととも言われており、スピリチュアルやナチュラルを求めて旅行に来る女性にとても人気です。


神聖なパワースポットと呼ばれる場所はもちろん、街に出るとまた一風変わった雰囲気を持つバリの街々は、ある意味バリ島の魅力のひとつと言っても良いくらいでしょう。


ビーチリゾートとしては?

バリ島の海は場所によって様々で、あれもこれも楽しみたい方にはもってこいの場所になってます。
サンセットが綺麗なビーチ、マリンスポーツを思う存分楽しめるビーチ、サーファーがたくさん集まるビーチなど、それぞれが異なった魅力を持っています。


世界中の人が集まる観光地としても有名なクタ・ビーチはサーフィンとサンセットが盛んです。ビーチに寝そべっているだけで、物売りさんが声をかけてきたり、ローカルフードが売っている屋台が並んでいたりして、その雰囲気を思う存分楽しむことができます。
夕方になればインド洋に落ちてゆくとても美しいサンセットが見れます。その光景は見る人を圧倒させる美しさです。


また、ジンバラン・ビーチではビーチ沿いにずらりと並んだシーフードバーベキューが楽しめる「ジンバランカフェ」がおすすめです。潮風と壮大な海を目の前においしいシーフードが味わえます。


バリ島の海は欲張りさんにはもってこいの多種多様な楽しみ方ができます。プーケットと比べると正直海の綺麗さには負けますが、その楽しみ方の幅広さが人気の理由となっているようです。

また海が綺麗と有名なのは、バリ島から少し離れたレンボンガン島が有名なので、そちらに行くのもおすすめです。

評価は?

以上を踏まえた筆者の評価はこちらになります!

観光スポット:★★★★
グルメ:   ★★★★★
街の雰囲気: ★★★
ビーチ:   ★★★


観光スポットはパワースポットやお寺が充実しており、バリ島独特の芸術や文化・伝統雑貨などがとてもアジアンリゾートらしく、そのスピリチュアルな雰囲気に癒される方は多いでしょう。
ただ、リゾート=美しい海とプール!と想像されている方は、少しギャップを感じてしまうと思います。


また、バリ島の隠れた魅力として筆者が個人的に推したいのは、なんといっても住人のあたたかさ。バリ島の人々はその宗教や文化への信仰心がとても高く、皆さんとてもあたたかい笑顔で迎えてくださります。その人々と触れ合えば触れ合うほどその魅力を感じることができるでしょう。

徹底比較!プーケット

では続いてプーケット編です。

プーケットって?

プーケットタイ王国に属するリゾート島。日本からはタイのバンコクまで約6時間、そこから国内線でプーケットまで約1時間で到着します。
バリ島同様、熱帯なので1年中暖かく過ごすことができますが、乾季と雨季があります。

バリ島とは異なり、乾季は11~3月、6~10月が雨季といわれています。この雨季は、グリーンシーズンと呼ばれており、スコールは降りますが1日中振ることはないそうです。

見所は?

プーケットは年間を通してビーチリゾートやマリンスポーツを堪能できるほか、タイならではのエンターテイメントやショッピングなどがたっぷり楽しめます。

プーケットタウンと呼ばれるプーケット島の中心に位置している街には、その昔ポルトガルやオランダの商人で賑わっていた町並みがそのまま残っています。
博物館として公開されている邸宅や、おしゃれなショップやカフェ、かわいい雑貨店もあり、当時の雰囲気やプーケットの文化に触れることができます。


また、タイならではの寺院も有名で、恋愛成就のワット・ジュイトゥイや、学問や商売繁盛で有名なワット・セーンタムなど巡るのもおすすめです!


プーケットとあわせて楽しみたい観光地となっているのがピピ島です!ピピ島は数々の島々が集結した美しい海と真っ白な砂浜、たっぷりの自然が味わえる場所で、なんとプーケットに旅行に来る観光客のほとんどがこのピピ島を訪れます!
vivivi0822.hatenablog.com


グルメは?

プーケットではとってもおいしいタイ料理を食べることができます!
世界三大スープのトムヤムクン、具やスパイスの種類が豊富なカレー、あっさりからこってりしたものまである麺料理など様々です。

タイ料理は辛いというイメージがあると思いますが、その味の中には酸味や甘みがあり、深みのあるおいしさになっています。
個人的に、タイ特にプーケットでの料理は店ごとで同じ料理でも「こんなに違うの?」と思うくらい味が違うので、好みの味のお店を見つけることも楽しみかなと思ってます。


また、ナンプラーレモングラスパクチーが苦手という方も多いと思いますが、これらはタイ料理の最後の仕上げとなる「香り」を与えるものなので、苦手な場合はお店に言えば抜いてくれますよ!

街の雰囲気

プーケットは島全体がリゾート地として栄えているので、現地の人はバリに比べて少ない印象を受けます。

また、近年の開発により、大きいショッピングモールやショップや飲食店があるストリートがある一方、少し離れるとその雰囲気を感じさせないくらい静かでゆったりしたビーチがあるのが特徴です。


先ほどでも紹介したプーケットタウンでは、歴史のある建物が立ち並んでいるほかに、寺院やブティック通りもあり、見ごたえのある街になっています。

ビーチリゾートとしては?

プーケットのビーチは、エメラルドの海と真っ白な砂浜の美しさからアンダマン海の真珠と例えられています。西海岸には、個性的なビーチが連なっているので、昼も夜も楽しむことができます。

透明度の高い海とグリーンシーズンの波がサーファーに人気のカタ・ビーチ、夕陽がタイで最も美しいといわれているナイハン・ビーチなど、どの海もエメラルド色の美しい海が広がっており、その名に恥じぬものです。


また、プーケットアンダマン海のダイビングスポットを網羅できる位置にあるので、ダイビングやライセンス取得のために訪れる人も多く、またシュノーケリングのデイツアーも盛んなのが特徴です。

美しい海と砂浜を臨みながらのんびり静かに過ごしたい方にはもってこいの南国リゾートらしいビーチがたくさんあります。


評価は?

以上を踏まえた筆者の評価はこちらになります!

観光スポット:★★★★
グルメ:   ★★★
街の雰囲気: ★★★
ビーチ:   ★★★★★






いかがでしたか?
今回はアジアリゾートの中でも人気が高いバリとプーケットどちらにすべきか悩んでいる方のために徹底的に比較してみました!
ぜひ旅のご参考にしてください。

アジアリゾートどこ行く?おすすめ3選

f:id:vivivi0822:20161005233229j:plain


こんにちは、海外旅行が大好きなびびです!


今回は女子旅で行くなら価格も手ごろで、なおかつ近い!
スパやショッピングなど女子旅には嬉しいことがたくさんあるアジアリゾートですが、どこを選んでいいのかわからない・・・そういった方におすすめの旅行先を提案させていただきます!

バリ島

東南アジア屈指のリゾート!バリ島は女子旅が初めてでも行きやすいことで好評です!


バリ島が位置しているのはインドネシア
インドネシアにはなんと1万3000もの島があるといわれています。
その中でもバリ島は美しい海や自然があちこちに残っているとても魅力的な場所なんです。


日本からバリ島へは約7時間。直行便も数多く出ているので、乗り継ぎをしたくない方にもおすすめです。
乗り継ぎでは、ぜひシンガポールチャンギ空港を利用することをおすすめします!
vivivi0822.hatenablog.com


バリ島ではアロマ用品が特に有名です。
日本にはあまり流通していないバリで手作りされたソープやアロマ用品は、お土産にも自分用にもきっと素敵な思い出になると思いますよ!

また、そのアロマを使った極上のスパもぜひ体験してほしいものです。
魅惑のアジアリゾート、バリ島で贅沢な時間を過ごしてみてはいかがですか?

f:id:vivivi0822:20161005234317j:plain



プーケット

タイ王国の小さなリゾート島、プーケット
バリと並んで女性やカップルに人気が高いアジアリゾートのひとつです。

プーケットの魅力はなんといっても海の美しさとグルメ!
ビーチがきらきらと透き通った海に反射して、とてもきれいに映ります。
伝統的なアジアンリゾート感はバリ島のほうがありますが、美しい海を見るならプーケットをおすすめします!


また、タイ料理を思う存分味わえるのも特徴です!
タイ料理は辛いイメージがあると思われがちですが、もともとのルーツをたどると中華料理のエッセンスが盛り込まれていて、意外と日本人の口に合うようにできているんですよ。



プーケットはこちらの記事でも紹介しています。

vivivi0822.hatenablog.com
vivivi0822.hatenablog.com
vivivi0822.hatenablog.com


セントーサ島

f:id:vivivi0822:20160923154947j:plain
最後におすすめしたいのはシンガポールにあるセントーサ島
近年急激に開発が進められており、とっても近代的なリゾートになっているんです!

リゾート感も満喫したいけど、そのほかにもたくさん遊びつくしたい!という欲張りな女の子にはもってこいの場所です。

その理由は、観光に特化された島ならではの施設がたくさんあるからです!!


セントーサ島には、日本に続いてアジアで第二のユニバーサル・スタジオ・シンガポールがあります。
日本と比べて待ち時間が少なく、平均30分程度で乗れちゃうのでサクサク回れます。
またその迫力もすごい!海外仕込みのスケールの大きさをぜひ実際に行って体感してみてください。




また、セントーサ島には観光客は無料で入場できてしまう、リゾートワールドセントーサカジノというカジノもあります!
こちらのカジノは比較的ラフな格好でも入ることができるので気軽に楽しむことができます。

エンターテイメントをめいいっぱい楽しみたい方はぜひシンガポールセントーサ島へどうぞ!







いかがでしたか?
今回は迷いがちなアジアリゾートのおすすめを紹介させていただきました。
女子旅の行き先選びにぜひ参考にしてみてください!



現地でのオプショナルツアーはベルトラがおすすめです!
格安で予約もでき、女子旅には嬉しい特典がついてくることも。


アジア圏への旅行なら乗り継ぎにぜひ行きたいチャンギ空港とは?

どうもこんにちは、海外旅行が大好きなびびです!

さて今回はシンガポールの空港であるチャンギ空港についてご紹介します!
実はこのチャンギ空港、ぜひ乗り継ぎで立ち寄れるならぜひ立ち寄ってほしい要素がたくさんあります。

チャンギ国際空港とは

チャンギ国際空港は、シンガポールにある空港であり、東南アジア方面の旅行のトランジット(乗り継ぎ)だけではもったいないくらいの超巨大施設なのです。
なんと、世界のベスト空港として常にランキング入りしている称号も持っています。

チャンギ空港の特徴

チャンギ国際空港は、トランジットで利用してくる方でも快適に過ごせるような工夫がさまざま施されています。

入国の仕方

チャンギ空港での入国審査は、ほかの空港同様、まず出入国カードを記入し、パスポートと帰りの航空券も準備した状態で審査を受けましょう。その後に荷物を受け取ることができます。

出国の仕方

各利用する航空会社の受付カウンターにてチェックインします。
出国カードとパスポート、航空券を準備した後、そのまま出国審査を受けます。フライトまでの時間はショッピングをしたり、食事をしたりして時間をつぶしましょう。

乗り継ぎ時間別!楽しみ方

東南アジア方面へ旅行する際、意外と乗り継ぎ時間があってなにをしようか悩む人もいると思います。
そんなときはぜひチャンギ空港を乗り継ぎの空港に選んでほしいです!
そんなチャンギ空港での乗り継ぎ時間別楽しみ方をご紹介いたします。

出発まで2~4時間

フライトまで2~4時間しか
ない場合はあまり楽しめないんじゃないか・・と思いがちですが、まったくそんなことはありません!

チャンギ空港が提案しているプランでは、
・世界各国から集められたギフトショッピング
・アジア各国の絶品料理を楽しむ
・プレミアムラウンジのシャワーでリフレッシュ
・生バンド演奏を楽しむ
・ゆったりとしたソファーでニュースを楽しんだり快適なインターネットを楽しむ
・オーキッドやバタフライガーデンを散策してリフレッシュ

これだけのプランが挙げられています!
これは何?と思うかもしれませんが、後述で詳しく解説しますね。

出発まで4~6時間

軽く食事をするにも時間が余るし、外に出ようにも短すぎる・・・そんな時間の過ごし方もチャンギ空港は提案しています。

・トランジットホテルで仮眠
・太陽を浴びながら屋上プールで一泳ぎ
・全身マッサージでリラックス
・無料シアターで好きな映画を迫力の画面で
・ジムで心地よい汗を流す


なんと、チャンギ空港にはプール、映画館、ホテル、マッサージ、ジムなど、様々なプログラムがあるのです。これなら乗り継ぎ時間も無駄なく過ごせます。

出発まで5時間以上

次のフライトまで5時間以上ある方は、チャンギ空港が提案する無料のシンガポール市内観光ツアーに参加してみるのはいかがでしょう?
こちらはツアー開始したい時刻の1時間前までにフリーシンガポールツアーブースにて申し込むことで参加できます。
なにより無料と言うのが嬉しいですよね!

せっかくの乗り継ぎ、シンガポールにも立ち寄ってみましょう。

ツアーには2種類あり、日中に開催されるヘリテージツアーでは、チャイナタウン、リトルインディア、カンポン・グラムといった賑やかな文化地区を巡ります。

夕方に開催されるシティライトツアーでは、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイやマーライオン公園に立ち寄りながら、夜のシンガポールの超近代的な景色を満喫することができます。

どちらのツアーもガイド付きで所要時間は2時間半程度。
次のフライトに間に合うように少し余裕を持って空港に戻ります。



また、2017年3月31日まで、チャンギ空港で乗り継ぎの方に「iSHOP CHANGI」にて20ドル分の商品券もプレゼントされているそうです!

チャンギ空港の各ターミナル

f:id:vivivi0822:20161003164438j:plain
チャンギ空港はとてつもない広さを誇っていますが、3つあるターミナルはすべて、シャトルトレインで繋がっているので移動も便利です。


各ターミナルの地図はこちらです。

ターミナル1
f:id:vivivi0822:20161003163158j:plain

ターミナル2
f:id:vivivi0822:20161003163209j:plain

ターミナル3
f:id:vivivi0822:20161003163220j:plain


・・・広い。広すぎます。
どこになにがあるかさっぱり分からないですね。
時間がカツカツだからこそ効率的に見て回りたいもの。



次回の記事では各ターミナルの詳しい施設を見ていきます!

最後まで読んでくださってありがとうございます!



過去記事もよろしくお願いします。

vivivi0822.hatenablog.com
vivivi0822.hatenablog.com
vivivi0822.hatenablog.com